シンママでも何やかやで幸せになれました

二人の不登校気味発達障害児を育てるシンママの毎日と、シンママが知っておきたい節約・仕事・生活についての情報を配信します!

私を絶望の淵からすくい上げてくれたもの~離婚について書こうと思う19

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

f:id:ai202001:20191117191258j:plain

こんばんは。

しの(@sino_sinmama)です

 

生活費が減らされ、

離婚を余儀なくされる状況でしたが、

もう一度話し合いの場を持つ…

ということを取り付けました。

 

www.shinmama-happy.com

 

 

私はこの時、

自分って本当にどうしようもないやつだ…

と、精神的に落ちました。

 

第一話はこちら↓

www.shinmama-happy.com

 

その後の話です。

★簡単な時系列説明★

出来事
2月末 長男完全不登校に、
同時に夫は寮生活になる

夫、義父母にお金を借りる
3月 私は長男の新しい小学校を探す
4月始め 夫に離婚したいと言われる
引っ越し検討、
自宅を査定に出す
5月 夫からめちゃくちゃな話をされる
6月 銀行から融資の連絡が来る
長男の転校先がほぼほぼ決まる
7月 友人に会う
義両親と話す
兄に怒られる
8月  夫に生活費を減らされる
来月夫と話し合うことになる

 今回も8月の話です。

 

私を絶望の淵からすくい上げたもの

兄からは信用できない。

夫からはタカリ。

 

そう言われてもどうして良いのか分からなくて

迷い続ける私…。

 

そうか、この優柔不断さが

自分のいい加減さに繋がってるんだな…。

 

だから私の人生はこんなにも苦しいんだ。

 

甘い考えでずっと生きてきて、

結局子どもたちを守る力も覚悟も無い。

 

自分には何一つ無いんだ。

 

 

本当に私は何をやってるんだろう。

 

 

子供を寝かしつける時、

私はそんなことを

ぼんやりと考えていた。

 

 

隣で次男はすでに寝入っている。

寝息が聞こえていた。

 

反対側で寝ている長男は

寝ているかどうか分からない。

 

部屋は真っ暗だ。

 

 

私も横たわりながら、

ぼんやりとここ半年のことを

考えていた。

 

自分なりに一所懸命に

やっていたんだけどな…。

 

何が間違ってたのかな…。

 

 

横になっていると、

静かに涙が流れてきた。

 

スーッと次から次へと流れ、

止まらない。

 

 

でも泣きじゃくることもなく、

無音だった。

 

 

しんと静まり返った部屋で、

私はただ静かに涙を流していた。

 

 

不意に長男が起き上がる。

 

 

「??」

 

 

起き上がった長男は

突然私の足を揉みだした。

 

 

「え?Aくん(長男)、どうしたの??」

 

 

長男

 

「……だって…ボク、

お母さんに笑ってほしくて…」

 

 

 

その言葉を聞いた時、

突然Aくんが3歳だったときのことを

思い出した。

 

Aくんはいつも私の顔を

澄み切った目でじっと見ていた。

 

 

 

ああ…そうだ…。

 

3歳のときからキミは変わっていない…。

 

 

3歳のときも、今も、Aくんは

 

「お母さん、笑って。

 

ボク、お母さんの笑顔が好きなんだ」

 

そう思って私の顔を見ていたんだ…。

 

 

 

 

大好きな人に ただただ

笑っていて欲しい。

 

 

損得勘定がない、

その痛いほど純粋な心に触れ、

私の心は激しく震えた。

 

 

Aくん…キミは

 

 

兄にも夫にも見放されるような

どうしようもない私を

まだ信じてくれているの?

 

 

キミにはつらい思いをさせてきたのに、

 

ただ、母親というだけの

この私を大好きでいてくれてるの…?

 

 

 

私の目からは涙が後から後から溢れ、

止まらない。

 

 

泣きながらAくんを抱き寄せた。

 

私がさらに泣いてしまったので、

Aくんは戸惑っていた。

 

 

確かにこの半年は、子供のことを思い、

必死に頑張ってきた。

 

 

でも私は笑っていただろうか?

 

いつも深刻な顔をして、

子どもたちに笑いかけてあげれなかったんじゃないか?

 

 

なんだ…

 

私の手にはもう宝物があるんだ

 

この子達は私が育てるんだ…

 

私は笑顔に戻るんだ…!

 

 

 

Aくんを抱きしめながら

私はそう、決心した。

 

 

 

 

私の価値観がひっくり返った瞬間だった。

 

 

 

私を絶望の淵からすくい上げてくれたもの

 

それはAくんのどこまでもピュアな心だった。

 

 

 離婚について書こうと思う⑳に続く…

 

www.shinmama-happy.com

 

★応援ポチをお願いします★

 

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ

にほんブログ村

シングルマザーランキング