シンママでも何やかやで幸せになれました

二人の不登校気味発達障害児を育てるシンママの毎日と、シンママが知っておきたい節約・仕事・生活についての情報を配信します!

母子家庭の母が非難されるのに家庭放棄した父が批判されない世の不思議

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:ai202001:20191016123615j:plain


こんにちは!

しのっちです~。

 

私自身シンママなので

シンママブログを運営してますが、

調べるうちになんかもう、

辛辣な意見を持つ人が

たくさんいるってことを

初めて知りました!💦💦

 

それでこんなツイートをしました。

 

 

傷つきやすいシンママさんは

どうかネット上で

辛辣なコメントは読まないようにしてくださいね。

凹むから…(;´∀`)

 

テレビやニュース、ネット上で

「母子家庭の貧困」を

テーマにしたトピックが多いので、

ある意味世間の関心が高いんだと思います。

 

でもね、私はふと思ったの。

 

なんで子供を引き取って必死に育ててる母は批判されて、

子供を引き取ってない側の父は全く批判されてないんだろ??

 

とね。

 

よく考えてみて、子供を育てない父よ?

離婚の事情は家庭それぞれある。

 

親権をほしかったけど、

母側に親権が行ってしまい、

泣く泣く諦めた…なんて

パパさんもいると思う。

 

そんな方はちょっと例外として

今回は横におきますね。

 

「平成27年度 司法統計年報 婚姻関係事件-申し立ての動機」

を見ると、

日本の離婚原因の第二位は

DVです。

※離婚訴訟があった統計のみです。

協議離婚が含まれると

また離婚動機も変わると思います。

 

さらに精神的な虐待(モラハラ)

家庭を捨てて省みない、

生活費を渡さない(経済的なDV)

というDVにも並ぶような事例の

数も多い(;´∀`)💦💦

 

離婚したパパさんは、

おいおい、人としてどうよ?

ってことをする人も多いってことよ。

 

離婚動機を見ると、完全に

機能不全に陥った家族像が見える。

 

その結果、泣く泣く離婚に踏み切った

ママさんも結構数いるんだよね。

 

 

 

日本はアメリカなどの先進諸外国と違い、

離婚後は単独親権です。

 

アメリカとかは例え離婚しても、

子どもの養育は両親が行うことって

離婚後共同親権制度がある。

 

だから引き取ってない側の親も、

積極的に子供と関わっていくし、

養育費の取り立て援助もある。

(まあ、共同親権の問題もありますが、

それは今回は横に置きます。)

 

でも日本の場合は、

養育費はあるものの、

払っていないパパさんがほとんどで、

もらえてるママさんは全体の20%。

 

あえて悪い言い方をすると

子育てを放棄して

その上、

子どもの養育に必要な費用も払わないパパさんが大半

ということですな…。

 

離婚は夫婦の問題だとしても、

子どもは関係ありません。

 

どんなにママさんがムカついて

別れたパパさんでも

子どもを養う義務はまだ残ってる

と、考えるほうが自然です。

 

実際に養育費をもらうことで

救われる母子家庭も多いと思う。

 

でもやってない。

 

 

 

 

方や母子家庭のママさんは

80%が仕事をして子どもを一人で

育てています。

 

少なくとも子どもを養う義務を放棄してない。

(※例外は除く)

 

批判されるべきとしたらどちらなのか…。

明らかだと思いますよ。

 

 

要は税金を使わないでほしいってことかな?

過激派の意見の中には、

「離婚なんて自己責任なんだから、

国で支援するなんて甘い。」

なんて意見もありますね。

 

ひとり親家庭になると、

児童扶養手当が出たり、

医療費助成があったりします。

 

そのことを言ってると思いますが、

要は自分たちが収める税金を

使ってほしくないって考えから

来てるんでしょうね…。

 

「もともと夫に頼りすぎ」

「そんな男を選ぶほうが悪い」

「もっと前から自立した生き方をしろ」

「離婚するなら離婚後のことをもっと計画的に考えておけ」

「まともに育てられないなら生むな、離婚するな」

 

 

逆にここまで他人を攻撃する人の、

精神状態のほうが心配です……💦💦

 

 

日本の現状は、夫より圧倒的に妻のほうが

育児・家事を行うことが多いですよね。

 

妻もフルタイムで働ける人もいますが、

夫のように残業や出張はできない。

 

女性は夫婦でいる時から、

すでにハンディキャップを背負っています。

 

その状態で「完全自立」するなんて

かなり難しい。

※本来家族とは助け合うものですしね。

 

「それなら生むな」

っていうのでしょうが、

人として完璧に自立して、

一人でも生計を建てられて、

家事もできて、

その上で育児もできるから子どもを生む

なんて女性、世の中にどのくらいいるんでしょう。

 

子どもの出生率が一気に下るよねw

 

もちろん母子家庭のママさんが

かわいそうだから、全面的に

サポートしてあげないといけないって

わけではないです。

 

私もシンママだから守って欲しい

なんて毛頭思っていません。

 

ただ、このようにやり玉に上がって

攻撃されるのはどうなんだろうって

そう思っています。

 

※税金の使いみちとしては、私は

シンママに限ったことではなく、

必要な方のサポートに使ってほしいと思っています。

税金の無駄な使いみちのほうが

問題かと思うけどね。

個人攻撃より、

そっちに関心を持ったほうがいいと思いますよ。

 

それなら、DVとかで離婚して、

子どもに養育費を払ってないパパさんを

攻撃してくださいw

 

養育費をちゃんともらえたら、

国からの手当もそれほどもらわずに

済むシンママさんも多いと思いますよ。

 

そういったパパさんを批判するコメントって

ほとんど見ないんですよね~~

 

なんでだろ??ってめちゃくちゃ不思議です。

 

 

とは言え、実は私も

「パパさんを攻撃しろ!」

って話をしてるわけじゃない。

 

今回はあえてシンママに

自己責任論をぶつけてくる方に向けて

書いてみた次第です。

 

離婚の自己責任論に

ついてはまた別の記事で書きます。

 

おそまつさまでした★

 

💖応援ポチをお願いします💖

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ

にほんブログ村

シングルマザーランキング