シンママでも何やかやで幸せになれました

二人の不登校気味発達障害児を育てるシンママの毎日と、シンママが知っておきたい節約・仕事・生活についての情報を配信します!

離婚について書こうと思う13~離婚を美談でまとめちゃダメ!

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

f:id:ai202001:20191107145517j:plain

こんにちは!

しのっちです~。

 

前回の記事で、友人に

優しくしてもらって

少し元気を取り戻したことを

書きました。

 

www.shinmama-happy.com

 

離婚話の第一話はこちら↓

www.shinmama-happy.com

 

そしていよいよ

義両親のもとに夫と子供と

一緒に話に行きました。

 

話すのは子供たちが寝た後…。

 

それまでは義両親も

夫の兄弟も、普通に接してくれてました。

 

今回は重めの話なので、

当時の私の心のツッコミを

入れて書いていきます。

 

★簡単な時系列説明★

出来事
2月末 長男完全不登校に、
同時に夫は寮生活になる

夫、義父母にお金を借りる
3月 私は長男の新しい小学校を探す
4月始め 夫に離婚したいと言われる
引っ越し検討、
自宅を査定に出す
5月 夫からめちゃくちゃな話をされる
6月 銀行から融資の連絡が来る
長男の転校先がほぼほぼ決まる
7月 友人に会う
義両親と話す

今回は7月の話です。

 

離婚を美談でまとめちゃダメ!

 

私達は義両親に

現在の状況を話した。

 

テーブルには義両親

私と夫、

そして夫の兄弟が並んでいた。

 

義両親

「状況は分かった。

Aくん(長男)が不登校ってことも。

 

しのさんが全部対応してくれてるんだね。

ありがとう。」

 

 

私はホッとした。

 

少なからず私の苦労は

分かってくれてるんだ。

 

義両親

「それで、お前(夫のこと)は

どうしたいんだ。」

 

「離婚したい。

家族と離れて仕事に集中したい。」

 

義両親

「そうか…。

気持ちは決まってるのか?」

 

「うん…」

 

私の心の声

『ちょっと待て…

コレはもしや離婚の流れ??』

 

夫の兄弟

「でもさ、お前分かってんの?

離婚するってことは、

AくんとBくんが苦労するってことだぞ。

大学だって行けなくなるかも

しれないんだ。

お父さんがいないってことで

いじめられることもあるんだぞ!

 

子供のために

離婚じゃない道を考えてみろよ。」

 

 

私の心の声

『夫兄弟ナイス!もっと言ってやって!』

 

「分かってる。」

 

夫の兄弟

「いや、お前は分かってないよ。

子供たちがどれだけ

つらい思いをするかなんて…」

 

 

「そんなの分かってるよ!!!

でも、俺だって辛いんだ!!!!

俺だって自分の人生を

精一杯生きたいんだよ!!!」

 

夫キレる。

目にはうっすら涙…。

 

 

え???

待って、

 

アナタの何が辛いの???

 

辛いのはお父さんと離れ離れになる

子供たちだよね?

 

 

離婚したらアナタは一人になって

子育てという責任からも

脱出できて順風満帆だよね???

 

子供たちが今後抱える辛さに比べたら

アナタの今の辛さって

うんこみたいなものだよね??

 

私の頭の中は

「????」で

いっぱいになった。

 

 

 

「俺は仕事に全力を尽くしたいんだ!!

だから離婚したいんだ!!」

 

すごく立派な持論を言ってそうな

雰囲気だけど、

家族がいても仕事で成功してる人は

たくさんいる。

 

堂々とした

「自分の仕事や人生のために

妻も子供も見捨てる宣言」

ということに、気づいてないらしい。

 

 

夫の兄弟

「お前も辛いのか……」

 

それ以上何も言えなくなる夫の兄弟。

 

 

私の心の声

『え?チョット待ってください。

納得した??追撃終わり??』

 

 

義両親

「しのさんは…夫の話を聞いて

どう思ったの?」

 

突然私に話を振る義両親。

 

 

「え……いや…

家族の話なのに、夫の発言には

私と子供が全く存在してないなって

そう思いました。」

 

正直に言っちゃう私。

 

夫は自分のことばかりで

一切家族に対する想いが無かったから。

 

 

「そんなことない!!

俺は…俺は例え離婚しても、

Aくんと、Bくんの父親で

あることは変わらないんだ……!!」

 

目に薄っすらと涙を浮かべて

ちょっと遠くを見る夫。

 

なんか映画のワンシーンみたい。

 

 

でもチョット待って。

 

何その美談風。

 

 

義両親も兄弟も

「そうだな…」的な顔をしてる。

 

 

いや、父親であることは

変わらないけど、

やろうとしてることは離婚。

 

離婚ですよ?

 

これから苦労するのは

私と子どもだちだ。

 

美談でもなんでも無い。

 

 

「それに俺はもう、しののこと、

信用できないんだ。

仕事も去年突然辞めたし。

『子供が学校に行けるようになったら働く』

って言ってたけど、

本当に働き出すとは思えない!」

 

※長男の登校拒否が始まって

何度も休みをもらうのは気が引けて

パートを辞めました。

 

冷たい目で私にそう言い放った。

私の印象が悪くなるよう、

美談?の後に爆弾を落としてきた…。

 

 

「私も離婚しても養育費とか

払ってくれるかどうかとか

信頼できないです。

だから離婚に同意がなかなかできません。」

 

売り言葉に買い言葉で

私もつい本音を言ってしまった。

 

信頼できない者同志

行きつく先は離婚しか無い。

 

離婚について書こうと思う⑭に続く…

 

www.shinmama-happy.com

 

ちょっと今回は、

美談でまとめることの補足説明を

したいと思います。

 

逃げてもいい…でも美談でまとめちゃダメ

私は時に人生の中で

逃げることがあって良いと思ってます。

 

子どもの不登校も逃げ…ではないですが、

一時避難、休みのようなものですね。

 

頑張るエネルギーがなくなったから

いっときは休む。

 

十分に休んだら

自分の居場所を探せばいいだけ。

 

でも、不登校の子の多くは、

休んでしまう自分を恥じます。

 

私の子供もそうでした。

 

恥じなくてもいいんですけど、

他の子のように通えない自分に

負い目を感じるんですね。

 

「自分は困難から

逃げてるのかもしれない」

という罪悪感があるみたい。

(困難から逃げてるわけじゃないけどね。

本人の感覚です。)

 

でもこの気持ちは、

どこかの地点で

「変わりたい!!」

という活力に変わります。

 

これがすごく重要。

 

 

だから私は人生で

休んだり逃げてもいいけど、

今の自分の状況を正確に把握することは

大切って思います。

 

 

その自覚を持たずに

美談でまとめてしまうと

自分の行いを「俺は悪くない!」

と、他人のせいにしたり、

「俺だってやればできるんだ!

(今はその時期じゃないだけ)」

という過大評価に繋がるんです。

 

そうなるとどんどん

現実の自分と頭の中の自分が

剥離していきます。

 

そして言行不一致な人間へと変わっていってしまうんです。

 

自分が言行不一致になってないか、

観察するにはメタ認知能力が必要です。

 

メタ認知能力がある人ほど、

仕事ができるとも言われていますよ。

 

補足説明でした!

 

 

★応援ポチをお願いします★

 

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ

にほんブログ村

シングルマザーランキング