シンママでも何やかやで幸せになれました

二人の不登校気味発達障害児を育てるシンママの毎日と、シンママが知っておきたい節約・仕事・生活についての情報を配信します!

離婚を迷うのは悪いことなの?~離婚について書こうと思う18

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

f:id:ai202001:20191116180659j:plain

 

こんにちは!

しの(@sino_sinmama)です

 

昨日は記事が書けなかったのですが

今日は元気なので、

離婚記事ですが書いていきたいと思います!

😤😤😤

 

離婚直前に、生活費の振り込みをいきなり

ガンっと夫に減らされたんですけど、

それを文句言ったら

 

たかり

 

って…!!👿👿👿

 

それ言っちゃ、

世の専業主婦の奥さんみんなが

たかりって言ってるようなものだよ?!💦

 

ビックリしましたね。

 

早速続きです。

 

第一話はこちら↓

www.shinmama-happy.com

 

★簡単な時系列説明★

出来事
2月末 長男完全不登校に、
同時に夫は寮生活になる

夫、義父母にお金を借りる
3月 私は長男の新しい小学校を探す
4月始め 夫に離婚したいと言われる
引っ越し検討、
自宅を査定に出す
5月 夫からめちゃくちゃな話をされる
6月 銀行から融資の連絡が来る
長男の転校先がほぼほぼ決まる
7月 友人に会う
義両親と話す
兄に怒られる
8月  夫に生活費を減らされる

 今回も8月の話です。

 

冷静にならないとダメだ…!!

メールで送られてきた夫の言葉を見て

 

「何を言ってるんだろう、この人は…」

 

と、信じられない気持ちになった。

 

 

私の生活費を出したくない、というのは

百歩譲ってわかる。

 

でも私にお金を入れないということは、

 

子ども達が路頭に迷う

 

ということなのだ…!!!

 

 

パートナーとしてというより、

父親の行動として、信じられなかった。

 

 

「たかり」という言葉に、

逆に私はスーッと頭が冷えた。

 

 

「この人には、感情で言い返してはダメだ。

揚げ足をとるだけで、改善には至らない。」

 

そう思った私は、

 

「今回の振り込みの減額は、

別居のときの振込額の平均や、

あなたなりの考えがあったと思います。

 

でも突然何の相談もなく

振込金額を下げるのは、

おかしくありませんか?

 

当然コチラもビックリして

責める口調になってしまいます。」

 

「お互い金銭的に苦しいのですから、

私は別居ではなく、アナタに一度戻ってもらって

しっかり話し合いたいです。

 

離婚の話はそれからじゃないですか?」

 

と、なるべく冷静な文体を心がけて送った。

 

そう、夫は2月末に出ていってから、

一度も家に戻ってきていない。

 

話し合いのために計6回

短時間帰ってきただけだ。

 

 

それはあんまりにも理不尽じゃないだろうか?

 

 

仮にも10年以上一緒に暮らしていて、

まだ小学校二年生の息子、

4歳の息子がいるのだ。

 

数時間の話し合いで離婚しようなんて

理不尽過ぎる。

 

 

その気持ちが伝わったのか、

「9月にもう一度話し合いに行く」

という返事が来た。

 

離婚を迷うのは悪いことなの??

でも振り込まれたのは15万円だけだ。

 

増やしてはもらえない。

 

私にも時間が

残されていないことは分かった。

 

 

兄には「信用できない」と言われ

夫には「たかり」と言われ…。

 

 

私は一体何なんだろうか…。

子供のことを考えて離婚を踏みとどまっているのは

そんなに悪いことなんだろうか…。

 

だってこんなに重大な決断を、

数回の話し合いだけで決められない…。

 

子どもの将来にも関わることなんだ。

 

 

でも、迷っている自分が

ダメな気がしてきた…。

 

 

自分には覚悟がないだけなのか?

 

 

何が正しい選択で、

どれが間違った選択なのか

全くわからなくない。

 

 

私はどうしたらいいんだろう。

 

離婚について書こうと思う⑲に続く…

www.shinmama-happy.com

 

 

★応援ポチをお願いします★

 

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ

にほんブログ村

シングルマザーランキング