シンママでも何やかやで幸せになれました

二人の不登校気味発達障害児を育てるシンママの毎日と、シンママが知っておきたい節約・仕事・生活についての情報を配信します!

なんでキミの言う通りにしないといけないんだ?~離婚について書こうと思う22

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

f:id:ai202001:20191120182913j:plain

 

こんばんは。

しの(@sino_sinmama)です

 

弁護士先生には

人生で初めて会いました。

www.shinmama-happy.com

 

数万円お包みしたのが良かったのか、

その後、電話で1回簡単な

相談にのってくれました。

 

さて、今回は

公正証書を作りたいといったときの

夫の反応です。

 

第一話はこちら↓

www.shinmama-happy.com

 

★簡単な時系列説明★

出来事
2月末 長男完全不登校に、
同時に夫は寮生活になる

夫、義父母にお金を借りる
3月 私は長男の新しい小学校を探す
4月始め 夫に離婚したいと言われる
引っ越し検討、
自宅を査定に出す
5月 夫からめちゃくちゃな話をされる
6月 銀行から融資の連絡が来る
長男の転校先がほぼほぼ決まる
7月 友人に会う
義両親と話す
兄に怒られる
8月

 夫に生活費を減らされる
来月夫と話し合うことになる
子の愛に救われる

離婚へと動き出す
弁護士先生に会う

 今回は9月の話です。

 

なんでキミの言う通りにしないといけないんだ?~敵意丸出しの夫

弁護士先生に8月に会い、

夫とは9月はじめに

話し合うために会った。

 

そこで私はもう一度、

「しっかり話し合いたいから

別居ではなく、一度戻って欲しい。

 

こういったことは時間をかけて

話し合うものだし、

別居状態が続くのは

お互いに金銭的に無理でしょ。」

 

と、夫に伝えた。

 

でも夫は苦虫を噛んだように

「戻るのだけは嫌だ。」

そういった。

 

これは私の推測だが、

夫は一度家族から離れて

自由を謳歌してしまった。

 

だから家族という

ある意味制限があるコミュニティに戻るのは

もう嫌なんだろう。

 

 

夫が戻ることは諦め、

私は弁護士先生に会ったことと

公正証書について話をした。

 

「弁護士はお互いのために

公正証書はしっかり

作ったほうがいいって言ってたの。

確かに私も後々揉めるのは嫌なんだ。

だから公正証書を作っておかない?」

 

 

「嫌だ」

 

「え?」

 

「なんでキミの言う通りに

しないといけないんだ?

公正証書は作る気は無い。」

 

予想通りの答えだった。

 

この人は家族のことより

自分の身を守ることしか

考えていないのだ。

 

ごねると厄介だ…。

 

私は夫の答えを予想してたので

事前に考えていた提案を切り出した。

 

 

「分かった。公正証書のことは

弁護士にもう一度聞いてみる。

 

話は変わって財産分与のことだけど、

家を売ったお金は子どもも入れて

4等分にしない?

 

子どもたちの分は

子ども名義の定期預金にして

お互いが簡単に

引き出せないようにするの。

 

そして、子どもの将来のため

手を付けずに残しておくと

いいかなって思うんだけど。

 

 

母子家庭になると、通常

経済的な理由から

大学進学がほぼ無理になる。

 

そこが私の気がかりでもあった。

 

そのために、

今回の財産分与分を

取っておいてあげたかったのだ。

 

もちろん私も

そのお金に手をつける気は無い。

 

 

でも、夫の顔色がみるみる変わり

目つきが鋭くなって、怒りの色が出た。

 

 

「は?

なんで、なんでもかんでも

キミの言うとおりにしないといけないんだ?

 

俺が子どものために、

自分のお金を残しとくのはわかる。

 

でもなんで強制的に

わざわざキミに言ったように

4等分にしないといけないんだ?

 

キミは自分が正しいと思って

しゃべってるだろうけど、

俺はキミの言うとおりになんかしたくない」

※別居・離婚騒動で

私の思い通りになったことは一つもありませんw 

 

まるで手負いの獣のように

敵意丸出しだった。

 

私のことを「タカリ」と

メールで送ってきたときと

同じような反応だった。

 

 

私はただただ、

ビックリした。

 

 

「あの…なんでそんなに

攻撃的なの?

私は家族が良い方向になるよう

話し合いたいと思ってるの。

 

なんで「強制的に」なんて

言い方をするの?

 

突然そんなふうに怒る意味が分からない。」

 

 

そう伝えたら、

フッと夫の敵意が緩んだ。

 

 

おそらくだが、夫は

お金銭的な余裕がもう殆ど無くて

とにかくお金が欲しいのかもしれない。

 

4等分にしたら自分の取り分が減る。

 

俺の金が減る!!

俺の金を取るな!!

 

そんな雰囲気が

ビリビリと伝わってきた。

 

 

 

 夫

「言いたいことは分かった。

でも4等分は嫌だ。

一般的に離婚の場合、折半が普通だ。」

 

それ以上話しても

埒が明かないので、

その日の話し合いは終わった。

 

 

次回、9月末にもう一度会う時までに

公正証書に代わるような文書を

私が作ることになった。

 

それでもやっぱり

できれば財産分与で

なるべく多めのお金を

こちら側がもらっておかないと

子どもの将来にも影響する。

 

だって自分のことばかり考えるこの夫が

離婚後ずっと養育費を払い続けてくれる保証は

どこにもないのだから…。

 

 

 

離婚について書こうと思う㉓に続く…

 

www.shinmama-happy.com

★応援ポチをお願いします★

 

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ

にほんブログ村

シングルマザーランキング