シンママでも何やかやで幸せになれました

二人の不登校気味発達障害児を育てるシンママの毎日と、シンママが知っておきたい節約・仕事・生活についての情報を配信します!

離婚について書こうと思う⑥離婚話を切り出される

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

f:id:ai202001:20191031141704j:plain

こんにちは!

しのっちです。

 

長男が不登校になったと同時に

夫は「仕事に集中するから…」

と、出ていくところまで書きました。

 

www.shinmama-happy.com

 

これ、当時は気づいてなかったんですけど、

世間で言うところの

別居

だったんですよ…。

 

でもね、夫の言い方がまるで

「家族のため」という感じだったので

当時は全く気づきませんでした。

 

「こいつ逃げる気だ」と思ったと同時に

別居という認識が無かったので、

「そのうち戻ってくるだろう…」

と思ってたんです。

 

一応家族の為って言ってるしね、

信じたい気持ちがどこかで

あったんでしょうね。

 

 

でも、一度出ていった夫が

再び一緒に暮らすことはありませんでした。

 

長男の学校探しをはじめる

2月に完全不登校になった長男。

 

学校側は「なんとか学校に来てください」と

連絡は来るが、なにせ外出もままならない。

 

完全に行くことを拒否している子を

学校に行かせるって本当に大変。

 

3歳の次男もいるが、

外に遊ばせに行きたくても

長男が外に出たがらないから

連れ出せない。

 

夕方にやっとこ、

夕飯の買い物に連れ出すような毎日だった。

 

 

不登校の子どもを持つ母は

不登校の子供とのやり取りにも疲れるが、

学校とのやり取りも億劫になる。

 

学校側がしてくれることはそんなに多くは無いが、

それでもこちらから頻繁に連絡する必要がある。

 

 

学校側にとって、不登校の子が出るのは

あまりよろしくないことだから。

 

 

長男は、外に出ると

同じクラスの子に会いそうで、

外出したくなかったらしい。

 

学校に行けない子は、

学校にいけないことを恥ずかしく思い、

家にこもりがちになる。

 

大人は「堂々としててもいいじゃない」と思うけど、

子供にとって学校に行くことがスタンダードだから

それができないと自尊心がどうしても落ちるのだ。

 

 

3月にやはり発達障害ということが判明した。

 

当時住んでいた地域には

情緒の通級しか無かった。

 

※情緒の通級とは、発達障害の子が、週に1回だけ通う教室のこと。

コミュニケーションの勉強や、運動など、発達障害の子が苦手とする分野の勉強を、集中して行う。

 

長男が通うとしたら、そこしか無い。

 

その通級に見学に行ったが、

そこがまあ、酷かった…💦

 

多動の子が、少しでも不適切な動き・答えをすると、

先生がその子の目の前に、

「✕(バツ)」と書かれた札を出す。

 

あまりに「✕」を出される子は、

廊下に出されて先生に説教を受ける。

 

先生は子どもの注意をひくため、

すごく大きな声で話す。

 

私も聴覚過敏だが、

聞くに堪えない声で正直苦痛だった。

 

「ここにAくん(長男)が通うのは無理だろう…」

 

そう思って、早々に諦めた。

 

 

調べてみると、通級の他に、

発達障害児だけが通う

情緒の固定級(特別支援学級)

があるらしい。

 

情緒の固定級は通常の学級とは違い、

通常学級でついていけない発達障害児、

通常学級だと騒いで暴れちゃう発達障害児などが

在籍してる。

 

先生の数も多い。

 

通常学級よりも手厚いサポートがあるのだ。

 

 

でも私が住む地域には、情緒の固定級がない。

 

情緒の固定学級がある小学校は

まだまだ少ないのだ。

 

「情緒の固定学級に転校したほうがいいかな…」

 

私は長男の学校のスクールカウンセラーに相談した。

 

「ボクの意見ですが、正直このままAくんが

学校に通うのは難しいと思います。

環境を変えてあげるほうが、良いと思います。」

 

私の意見と同じだった。

 

長男を情緒の固定学級に転校させることを

視野に入れて、情報を探すことにした。

 

夫から離婚を切り出される

2月に家を出た夫。

 

休みの日も家には帰ってこなかった。

 

約束通り、月々の生活費は

家に入れてくれていた。

 

長男の学校のことも相談したかったから

なんとか帰るよう話をして、

やっと顔を出したのは4月のはじめ。

 

手短に、長男の話をする。

 

その後、夫から切り出されたのは、

衝撃の一言だった。

 

 

「離婚したい。」

 

 

私は目が点になった。

 

 

「え?ナニ?

家族のために頑張りたいからって

出てったんだよね?

なんでそれが離婚になるの?」

 

夫が面倒なことから

逃げ出す性格なのは知っていた。

 

だから長男の学校探しとか

不登校への働きかけは

一切しない。

 

一切したくないから

出ていったのだろう。

 

 

それは薄々分かっていた。

 

でもまさか、

そのままフェードアウト(離婚)

するまで無責任な人だとは思わなかった。

 

 

だってその段階では

長男は不登校、転校する学校も未定、

私は長男と次男がいて働けない。

 

貯金もほとんど無い。

 

 

その状態で放り出すとしたら、

本当に鬼だ…。

 

「ちゃんと離婚後、子供たちが

生活に困らないよう、一緒に考えるよ。」

 

夫はそんなセリフを言っていたが

私の耳には入らなかった…。

 

 

離婚について書こうと思う⑦に続く…

 

www.shinmama-happy.com

 

 

💖応援ポチをお願いします💖

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ

にほんブログ村

シングルマザーランキング